神経系の構造

神経系 は、大きく分けて下記2つに分けて考える

 

中枢神経系

  • 脊髄

脳→前脳・中脳・菱脳

前脳→大脳皮質・辺縁系・大脳気質低核・視床視床下部

中脳→下丘・上丘

菱脳→小脳・橋・延髄

 

脳は頭蓋骨、脊髄は背骨によって守られている

脳と脊髄以外の全ての神経を末梢神経という

 

末梢神経系

性神経→感覚神経・運動神経

自律神経→交感神経・副交感神経

感覚神経 - Wikipedia運動神経 - Wikipedia

 

 

情報入力→末梢神経系・感覚神経(求心性)される

情報入力処理後→末梢神経系・運動神経(遠心性)に伝達され効果器に動きが伝えられる

 

性神経→主に意志で動かすことができる筋肉群のコントロールを司る

自律神経→身体内部・主に通常意志とは無関係に働く 消化器官や内分泌など

→交感神経・副交感神経 同じ部位に拮抗的に働いている どちらかだけの働きだけが有効になると危険

kotobank.jp

交感神経→(恐怖や怒りなど)刺激すると警報システムが作動する

骨格筋の血流量が増す・副腎からのアドレナリン分泌の増加

身体の活力を高めようとし、亢進状態が起こる

 

副交感神経→交感神経の働きと拮抗して、血管や副腎に弛緩を命じる

交感神経が優位になった際に、体内を元の状態に戻そうとする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする